広島県の祭り

広島出会い-人気ランキング-

広島県の祭り

日本は、他の国とは違って件それぞれの独特の祭りや風習やイベントなどがあります。
それは、他の国では大変珍しいことです。もちろん広島県にもすばらしい祭りがありますので、ここでは広島の三大祭について紹介していきます。

 

まずはじめに、広島三大祭の一つとして昔から『住吉さん』親しまれている、住吉神社大祭というのがあります。
機関は夏の始まりを祝うようなタイミングの7月中旬に行われえておりまして、夏の風物詩の一つです。日ごろ犯してしまった罪穢れを祓ってもらい、無病息災を願う「人形流し」が行われたり、直系約3mの巨大な茅の輪をくぐる「茅の輪くぐり」が主な祭りごとです。神楽やこぎ伝馬船などのイベントが盛大に行われており、露天も多数並んで、その日はたくさんの人で賑わっております。

 

次に、同じ広島3大祭りの一つえびす講とは主に10月20日ないし、11月20日に行われる祭りの一つで、えびす神に一年の無事を感謝して、翌年の商売繁盛を祈願する祭りのことです。

 

始まりは古く約400年も前から行われています。みんなで明るく楽しもうということで大変盛り上がっております。こんなに歴史のあるお祭りに出会いに行くのもいいのではないでしょうか?

 

最後に、広島の三大祭の一つ、とうかさん大祭りについて紹介していきます。
始まりは広島市中区にある稲荷大明神のお祭りであります。稲荷を「いなり」と呼ばす、「とうか」と呼ぶことからとうかさん大祭りと呼ばれるようになったのが名前の由来と言われております。
別名、ゆかたの着はじめ祭りとしても有名で祭りの日は広島の街では、艶やかな浴衣姿の女性が、沢山いるのが特徴です。
特にカップルや若者に人気がある祭りと言えます。

ランキング画像


ホーム サイトマップ