広島県の気候について

広島出会い-人気ランキング-

広島県の気候について

広島県内の気候は2つにわけることができます。広島県内の豪雪地帯は日本海側気候でそれ以外の地域では、瀬戸内海式気候となっています。
お隣の岡山に比べて降水量は多目となっています。

 

広島県内での降水量が多いとされている原因は、地形にあると言われています。広島県内には平野よりも山間部の方が多くなっています。
そのため水蒸気が蒸発して雨雲が発生しやすい環境が整っているために雨が多く降るのです。

 

広島市内の安芸地域の冬は季節風の影響を受けるために晴れる日の方が少ないです。雨、雪が多く山間部では積雪するような日もあります。

 

備後地域では冬でも晴れる日の方が多く岡山県と同じような気候をしております。
雪の量は瀬戸内海では少ないほうですが広島県の北部の山地では多くなり、路面が凍結するくらい冷え込むことも多々あります。

 

春先には中国から黄砂がやってくることが結構あります。夏は都市部などではかなりの猛暑になることが多いです。

 

ちなみに内陸部は特に広島県内でも冷え込みが厳しくなります。-28度になるような日もあるくらいかなり厳しい気候をしております。

ランキング画像


ホーム サイトマップ