広島県産の牡蠣

広島出会い-人気ランキング-

広島県産の牡蠣

広島県の牡蠣は、日本の牡蠣の養殖の発祥の地として有名です。

 

広島の牡蠣の特徴は、殻が大きく長めで身がぎっしりと詰まっており、甘みが強いことです。

 

広島湾は日本でも牡蠣の養殖に適している場所です。
そもそも牡蠣養殖を行うには4つの条件をクリアする必要があります。1つ目は、穏やかな地形と潮の流れです。
2つ目は、最適の水温変化、3つ目がほどよい塩分濃度、最後が豊富なプランクトンを含むというような条件を満たす必要があります。

 

広島湾ではこの上記のすべての条件をクリアしています。そのため2008年度には呉市が牡蠣出荷高で日本一に輝くほど、牡蠣産業が盛んなのです。

 

広島の牡蠣を食べればわかりますが、かなり甘みが強く他の牡蠣と食べ比べをすると一目瞭然です。味の深みが違います。
あれだけクリーミーなまろやかさを出せるのも、広島湾の環境が整っているからなのです。

ランキング画像


ホーム サイトマップ